connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

2014年12月

冬の風物詩、RAHのクリスマスキャロル

ロンドンで迎える二度目のクリスマス。
今年は本場のクリスマスを満喫すべく、クリスマスに関する映画やコンサート鑑賞など、イベントを楽しむことにしました。

その中でもメインは、ロイヤル・アルバート・ホールで開催されているこちらのイベント。

クリスマス・フェスティバル2014

今回たまたま夫が見つけてきたのですが、このイベント毎年やっているようで、日によって「Classic Carols」、「Jingle Bell Christmas」「King's College Choir」など演目が異なるよう。


そんな中今年参加してきたのは、
Christmas Carol Singalong」と「Carols by Candlelight」の2演目。

まず土曜日の昼に訪れたChristmas Carol Singalong。
会場に着いてびっくり。みなさん、本気…!!!

頭にクリスマス帽子をかぶった方や、トナカイの角をつけた方、今年(特に)流行のクリスマスジャンパーを着ている方…
光るペンライトや、クリスマスツリーに飾るような電飾を持参の方も結構いて、自分の準備不足を痛感。
下調べも全くせずにやってきたけど、こんな感じなんだ…!笑

DSC_0012
皆さん、思い思いのクリスマスの格好!


続きを読む

クリスマスカード第一陣の発送開始!イギリスの手紙に◯◯は不要…?

BlogPaint
本日世界各地へ(?)送り出したカードたち


クリスマスまであと10日。
2週間ほど前から、お店の店員さんの最後の挨拶が「have a happy X'mas!」に変わったことに気づいたのですが、時期を同じくして我が家にもクリスマスカードが届き始めました。

こちらの方はツリーの下や、本棚、暖炉の上にカードを飾ると聞いて、我が家も頂いたカードを飾るようにしているのですが、色んなサイズ・デザインのクリスマスカードを飾るのは楽しい♪
自然と、カードを選ぶ基準も「飾って可愛いデザイン」重視になってきます。


昨年、イギリスから初めて出したクリスマスカード。
大家さんとお隣に住むおばあちゃんを除き、行き先は主に日本で、年賀状代わりにと日本の友人・親族宛へ出したのですが、年賀状って「大体クリスマスまでに投函」という感覚なので、うっかりしているとクリスマスカードを出しそびれてしまうことに気づきました。

クリスマスカードを届ける時期って、今なんだ…!!!

みなさ~ん!
クリスマスカードの時期ですよ~~!!


さて、今年のクリスマスカード。
どんなカードにしようかな~と、お気に入りのカード屋さん「Paperchase」を覗いてみることに。


続きを読む

初挑戦!ポテトの国イギリスでコロッケ作り


もともとドラマにハマるタイプではないのですが、こちらに来てネットでドラマを観るようになりました。

最近楽しみに観ているのは
・今日会社休みます
・Nのために
・ごめんね!青春

の3つ。
こちらの友人とも、よく「最近何観てる~?」と情報交換を絶やしません。笑


日本にいた時は仕事で毎週決まった時間にドラマを見ることが難しかった、かつ録画までして観ようという気持ちになれなかったため、その場限りを楽しめるバラエティをよく観ていたのですが、イギリスにいると日本のバラエティが何だか騒々しく感じてしまい…最近はもっぱらドラマ派。

こちらでは主にアイロンがけの時間がドラマの時間♪
アイロンがけなんて、集中してようがしてまいが1回1時間はかかってるのだから、これはいい時間の活用方法!
むしろ今までは少し面倒に感じていたアイロンがけも、「今週の◯◯早く観たいなぁ~…アイロンがけ…あんまり溜まってないけど今日しちゃおっっ」と、いいモチベーションになっているので一石二鳥!(だと、夫に言い聞かせてます笑)


そこで、最近観ているドラマによく登場するものがあります。
それがコロッケ

ドラマ…コロッケ…
と聞いて、ピンとくる人はそう!当たりです!

news_thumb_tvbros_20130216
当たり!

宮藤官九郎脚本の「ごめんね!青春」で、ほぼ毎回!美味しそうな揚げたてコロッケが出てくるんですよね~。
もともとコロッケはあまり好物ではないこともあり、自分で作ったことがないのですが、ここはイギリス。
ポテトの国ではないか!!!

PUBでさりげなく出てくるフライドポテトや、レストランの付け合せに出てくるマッシュドポテトが、明らかに日本のものより美味しいと感じているわたし。
この国のじゃがいもでコロッケを作ったら、すごく美味しいんじゃないだろうか…

そんなことを考えていると無性に揚げたてコロッケが食べたくなってきました。
こんなにコロッケ食べたいと思ったのは、人生で初めて。


ちなみに今年の初め、「失恋ショコラティエ」にハマっていた時期は異様にチョコレート食べてました。
まんまと制作側(スポンサー?)の思うツボ。笑

こちらで生活しているとスーパーのお惣菜コーナーやお料理番組といった、和食に対する視覚の刺激がないせいか、食事のメニューがいつも「自分の食べたいもの、自分が作れるもの」になってしまい、ついついメニューがマンネリしがち。。
そういう意味では、日本のドラマも捨てたもんじゃないです。(?)

と、いうことで早速「コロッケ レシピ」を検索。


続きを読む

映画「パディントンベア」を観て来ました♪

夫が「映画5作品£20」というグルーポンチケットを持っていたので、イギリスで2度目となる映画館へ!

今回観てきたのはこちら。

movies-paddington-bear-teaser-poster
実写版・くまのパディントン!
公開された週末の全英興行収入1位だったとか! 


先月、イベント公開初日とは知らずにいそいそと、ロンドンの街なかに佇むパディントン探しに出かけましたが(その時の記事「シェイクスベア?パディントンを探してロンドン散歩!」)実はパディントンについて何も知らなかったわたし。

なぜパディントンという名前なのか?駅と関係あるの?銅像の説明書きに度々書いてあるペルーって?
…びっくりするくらい、物語の基本から分かっていません。笑


その後も街中でちらほらと新種のパディントンを見つけては写真に収めていたのですが、 日々パディントンを眺めているうちに、これは映画を観なくては…!という気になりついにやってきたこのとき。


映画の予告編が公開された当初は、実写版のくまがリアルで恐いだの、ホラーだのと、色んなパロディ動画が出回っていたようですが(笑)、実際観てみると全然恐くない!むしろ、かわいい…!
(くま好きとして、声を大にして言いたい!まぁ、可愛いテディベアをイメージしていると若干のおじさん感は漂うものの。。)


映画の序盤に結構ショッキングな出来事があり思わずじわっときてしまいますが、その後はロンドンへたどり着いたパディントンの言動にくすくす。
お気に入りのシーンは、駅のエスカレーターのシーンかな♪

途中からはくすくすどころではない、ローカルの方々の派手なリアクション(爆笑、高笑い、oh..dear..といったつぶやきなどなど)に巻き込まれ、会場と一体感になって楽しく映画を見終えました。


続きを読む
最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク