connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

2014年07月

再訪!リージェンツパークのオープンエアシアター2014

昨年初めて訪れた、夏季限定のオープンエアシアター@リージェンツパーク
前回はサウンドオブミュージックを観たのですが、これが最近になってじわじわきてます。

観た当初は「やっぱり屋外だと雰囲気もあっていいよね~」くらいだったのが、それからいくつものミュージカルを観ていくうちに、「サウンドオブミュージック…実はあれ結構よかったよね?あぁ~もう一回観たい…!」レベルに。

もちろんストーリーや、子役の子たちが可愛くてよかったというのもありますが、やっぱりあの森の中にひっそりと佇むような劇場の雰囲気も素敵だった!

20130817_194208
昨年のセット
劇場内の様子など、昨年の様子はこちら「サウンド・オブ・ミュージック@リージェンツパーク


もちろん今年も、そんなオープンエアシアターを楽しみにしていたのですが、今年の演目をHPでチェックすると、

7/17~8/23:「The Gershwins’ Porgy and Bess
8/28~9/13:「

To Kill a Mockingbird 2014

※リンクをクリックするとHPの作品紹介のページに飛びます 
 

…ふたつとも知らない。。

調べた当初は、ふたつとも知らない演目だし今年はやめとくかな~…と思っていたのですが、やっぱり思い直して行ってみることにしました。

行ってきたのはこちら。

655140344
夫はマイルス・デイヴィスの音楽を通じて、名前だけは知っていたらしい。


昨年は悪天候で上演中数回の中断あり、まだ8月中旬だというのに後半はレインコートを着込んでもまだ寒さに震えての鑑賞でしたが、今回はお天気にも恵まれ心配していた寒さも皆無!

珍しく風もなかったせいか、最後まで上着を羽織ることなくノースリーブで過ごせました。
3週間ほどでこんなに気候が異なるとは。。

ということは、3週間後にはあんなお天気になるのかな。。やだな。。


で、観てきた感想ですが…これが想像以上によかった!
行かれる予定のない方、お勧めです!!

(以下、多少のネタバレ含みますのでご注意ください!)

 
続きを読む

イビサ島での交通手段、そして恐怖のドライブ

■旅行日程:2014年7月18~20日(2泊3日)

イビサ旅行記の続きです。あらすじはこちらから…
1)クラブだけじゃない!?スペインイビサ島へ!旅のスケジュール編
2)番外編:安おじの後悔、年間1万円で空港ラウンジを使い倒す方法?



さて。
イビサ島では交通移動手段の確保が必要であることは、スケジュール編で少し触れましたが、今回はそちらの続きです。
 
イビサ島観光情報に関するサイトを見ていても、お勧めはレンタカーとあります。
更に、もしAT車を希望するのであれば台数が少ないので早めに手配(予約)をしておくように、とも。


イビサ島は、海岸線に沿ってきれいなビーチがずらぁ~っと点在しますが、車(もしくはバイク)でしかアクセス不可という場所も多いらしい。
海沿いにある素敵なカフェも然り。

20140719_120757
イビサのビーチは平均年齢が低く、海沿いのカフェバー併設のDJスペースからクラブミュージックが流れて賑やか。
夜を待てない人たちが昼からビーチで踊ってます。笑


続きを読む

安おじの後悔、年間1万円で空港ラウンジを使い倒す方法?

※タイトルの「安おじ」という言葉にピンとこない方は、まずこちらをどうぞ!
「三種の神器!?週末弾丸トラベラー御用達のWEBサービス(航空券編)」


イビサ旅行記
の途中ですが、ここで思い出したこと。
今回はぜひ海外赴任をする前に読んでいただきたい記事です。

どこまでもストイックな夫に連れられ、週末弾丸トラベルをしている我が家ですが、先日知ったこと。

夫は「一回一回は質素でいいから、とりあえず数をこなしたい(色んな旅先を巡りたい)派」らしい。

そうだったんだ…。
きっとわたしという同伴者がいなければ、バックパック背負ってドミトリーとかに泊まってるんでしょう。。

さすがにわたしを連れてそんな旅はできないので、自ずと旅行の単価はバックパック旅行よりも上がるわけですが、少しでも単価を下げるべく、深夜・早朝便の際には家からおにぎりを作って持っていき出発前の食事代を浮かせたり、空港までも極力バスを使ってできるだけタクシーを使わない…などこつこつ努力しているわけなのです。

そんな私たちに出発前の空港ラウンジで優雅なひと時…というのはもちろん無縁の世界。
 

しかし、今回のイビサ週末旅行で問題発生。

当初予定していた日曜夜着のフライト時間が変更になり、なんと月曜日の早朝にガトウィック空港到着というスケジュールになってしまいました。

もちろん月曜日は通常出勤の夫。
いつかこんな日が来るとは思っていたものの、ついに…。 

こうなると選択肢はひとつ。
ガトウィックから、直接会社に出勤する。
(※夫に旅行キャンセルという選択肢はありません。念のため。。)
 
行きも会社から直接空港に向かうので、スーツや革靴などはクリアできるとして、さすがに旅先からシャワーも浴びずに出勤はできない。
どうしたものか…と頭を悩ませた結果閃いたのが空港のラウンジ


続きを読む

クラブだけじゃない!?スペインイビサ島へ!旅のスケジュール編。

■旅行日程:2014年7月18~20日(2泊3日)

徐々に周りに浸透しつつある、夫のスペイン好き。

夫に連れられて訪れる旅先を思い起こすと、スペインだけでも昨年のマドリッド・セビーリャ(イギリス発の初海外!)に始まり、今年はサンセバ・ビルバオ(バスク地方)バルセロナ、そして今回はついに島デビュー!


知る人ぞ知る!?
ある一部の方たちにとっては、まさに聖地。


イビサ島!


イビサ
片道約2時間半の空の旅


イビサ島と聞いてまず思い浮かぶのは、クラブ
そう、かの有名な泡パーティー

 
party
盛り上がりもクライマックスを迎える早朝6時ごろから、大量の泡噴射。
身長の低い人は溺れ死ぬ危険があるほどの量らしい… 
気になる方はyoutubeでどうぞ…。かなりチャラチャラな映像が観れます。笑


これぞ!イビサ名物!

そういえばパーティー好きな元会社の同期たちが、これ目的にイビサに行く夏休みプランを立ててました。
パーリーピーポーにとっては、人生で一度は訪れたい楽園なのかも…?


が、私たち夫婦はもうそんなに若くないし、もともとクラブにも興味はないのでこちらはパス。

特に泡パーティーにでも行こうものなら、水着を着たり、着替えを持ったり、カメラや携帯・貴重品は泡からどう守るのかという問題があったり、色々考えだすとめんどくさそう。。


じゃあ、何が目的でイビサに行くのか?

…。

今回も旅の目的がイマイチわからないまま、ふらり週末旅行。
(「も」の意味がわからない方はマドリッド編へ…笑)


続きを読む

ひと手間で簡単鮭フレーク♪

先日、学校帰りに立ち寄ったいつものスーパーでこんなものを発見。

20140724_191914
SALMON FLAKES…その名も鮭フレーク!


料理に関しては超ー保守的なわたし。

スーパーで珍しい食材を目にしては、「今度、これ食べてみよう!」という前衛的(?)な夫とは対照的に、ご飯は失敗したくないわたしは、いつまでたってもこちらの新しい食材に手を出せず、 スーパーで買う魚もサーモン、サバ、たまにタラ、メカジキ…。
レパートリーが、全然増えない。

その中でも一番お世話になっているサーモン。
いつもは切り身を買っているのですが、今回懐かしいものを目にしたので買ってみました。


サーモン…鮭…もとい、しゃけ
なんていい響き…
コンビニでおにぎり選んでいいよと言われたら、迷わず選ぶのはしゃけ、わかめ、納豆巻き。

社会人1年目のころはランチの時間も惜しくて、PCとにらめっこしながらカップラーメンコンビニおにぎりを胃にかき込んでたなー… (遠い目)
同僚の女の子もみんなそれやってたから、今思うとどんだけ男前な職場なんだ。笑 


あぁ、懐かしのしゃけおにぎり。 
この鮭フレークがあれば、あのしゃけおにぎりが食べられる!



続きを読む

救急車が来ない

少し前になりますが、ある週末。

友人と夫と3人で夕飯を食べ、まだ時間も早いのでうちで飲み直そうか~と自宅へ帰ると、自宅フラット下の地面に横になっている人が。
縦列駐車の車と車の間に、60代くらいの白髪の男性が横になり、隣にはその奥さんらしき女性。


初めは酔いつぶれたのかな…と思い横を通り過ぎようとするも、様子を見ているとどうもそうではなさそう。 
「Are you alright?」と話しかけると、奥さんが「主人が急に倒れちゃって…」と心配そう。
 
少し話を伺うと、ここから電車で1時間半ほどのケント州にお住まいで、先ほどまで元気だったのに急に倒れたと。
ご主人も顔色は悪いものの意識はあり、私たちの問いかけにもぽつぽつ答えられる。

このまま電車では帰れないので…と、通りがかったブラックキャブを捕まえるも、奥さんが自宅の住所を告げると乗車拒否。(遠すぎるからでしょうか)
ではミニキャブで…と、夫がいつも利用しているアプリでミニキャブを手配。


その間、ご主人をアスファルトから芝生の上へ抱え上げるようになんとか移動させ、自宅よりお水を手配。
ミニキャブを待ちながら、奥様は「こんなの主人らしくない、今まで病気一つしたことない丈夫な人なのに…(it's totallly not like him)」を繰り返される。


そうこうしていると、嘔吐。
今度は急いでタオルやティッシュを自宅へ取りに戻り、介抱しているうちにミニキャブが到着。

ただ、こうなってくるとミニキャブで帰るのも難しく、ドライバーさんに事情を話すと「救急車を呼んだ方がいい」とのアドバイスもあり、救急車を呼ぶことに。
わざわざ来てくれたミニキャブのドライバーさんは、キャンセルになったことには何も言わずに帰ってくれました。
親切な人でよかった。


ここで救急車(999)への第一報。この時21時12分
(なぜ正確に覚えているかというと、この後何度もこの時刻を確認することになるから。)



続きを読む

ゴートチーズサラダにお勧めのチーズ♪

20130629_154603
こちらは渡英当初にハムステッドの古いパブ”THE SPANIARDS INN"で食べたもの。
ブドウが入ってて美味しい! 


こちらに来て初めて知った、ゴートチーズサラダ
色んな葉っぱに、ナッツや果物が入ってて、上にはとろーりこんがり焼けたゴートチーズ。
ドレッシングは甘めのやつがかかっていて、ほかほかのチーズと冷たい野菜が絶妙にマッチして美味しい…!!


日本よりも、色んなチーズが安く手に入るイギリス。
いつかこのゴートチーズサラダなるものを、自分で作ってみたい!と思ってました。


が、ゴートチーズには苦い思い出のあるわたし。

以前、オランダに行った際に「オランダと言えばチーズ、美味しいチーズをお土産に…!」と、買って帰ってきたものがものすごい獣臭のするクセの強いゴートチーズ。

友人を食事に招いていた日に、食後のワインとともに「これ、オランダからなんですよ~♪(どやー!!)」と出したこのチーズが、臭くて思わず顔をそむけたくなる悶絶もの。。
友人は、一口食べて「…ダメだ…」とギブアップ。笑


その数週間後、それ以降手をつけられずに冷蔵庫に眠っているこのチーズを見つけ、ゴートチーズサラダみたく焼いてみたら美味しいかもしれない!と閃いたわたし。
キッチン備え付けのオーブンで焼くこと数分。。

キッチンから漂う異臭に夫が気付き、わたしは「チーズの臭いだから大丈夫!」と説得しようとするも、熱を帯びてますます異臭を放つチーズに今度は夫が根を上げ、泣く泣く処分。。


ちゃんと買う前に味見してきたんですけどね…。
味見したのと違うのを間違って買ってきたわたしが悪いんです。。

P1120931
チーズは、きちんと味を確かめて、間違わずに購入しましょう。


そんな苦い思い出(臭い思い出?)のあるゴートチーズ。
めげずに次こそ美味しいゴートチーズサラダを!

そんな折にwaitroseで見つけたのがこちらのチーズ。


続きを読む

ついに一日船長に!ワンデイナローボートの旅。

旅行日程:2014年6月28~29日(1泊2日)

旅の概要、レンタル会社などの基本情報は
前編:これぞイギリスの夏!憧れのナローボートで旅をする!


普段、ロンドンで生活していてもよく目にする運河。

自宅がリージェントカナルにほど近いため、よく週末ナローボートに乗っている人たちも見かけるのですが、その運河は特にバーミンガム・マンチェスターを中心にイギリス全国に張り巡らされ、そのネットワークはなんと約3000km。

50634
素敵なナローボートに出会うとつい写真を撮ってしまいます。
こちらはドアがシック!


何でも、産業革命時代に石炭や氷などを運ぶ輸送路として発達し、その後蒸気機関車の出現で一度は役目を終えたものの、近年レジャー目的での利用が見直されてるんだとか。

そんな数ある運河から今回訪れたのはオックスフォードカナル
ロンドン中心部から車で1時間半(電車だと2時間)、日帰りでも十分可能な距離です♪

P1150683
旅するのはこーんな感じのカナルです。
 


土曜日の土砂降りバース(Bath)観光とはうって変わり、ナローボートトリップの日曜日は快晴!

 集合時間の10時半に合わせ、ホテルで朝食をかき込み急いで向かいます。

P1150403
 今回宿泊したB&B「FAIRLAWNS DUEST HOUSE
朝食が各自のオーダーに合わせて出来たてが出てくるのが嬉しい♪
出航地点までは車で20分ほどの距離。歩いて行ける距離に美味しいレストランもあって便利です。


続きを読む

これぞイギリスの夏!憧れのナローボートで旅をする!

旅行日程:2014年6月28~29日(1泊2日)

P1150550


「あ”ぁ~…ナローボートで旅がしたい!ナローボートを運転したい~~!!!」


去年から散々わめき散らかして夫を困らせていたわたしの夢。
ついにその夢が実現!
ロンドン郊外で、ワンデイナローボートの旅が実現しました!


ナローボートとの出会いは昨年夏。
渡英直後のわたしを、大家さんがドライブ(近所案内)に誘ってくれ通りがかったリトルベニス。

20130831_140135
パディントン~ワーウィックアベニュー辺りですね 


続きを読む

ぶたを捜しにホーランドパークへ。そこで見つけたものは…

先週、友人から「V&Aミュージアムのあじさいがきれいだよ!」という情報を得て、お天気のいい日にふら~っと行ってみました。

V&Aミュージアム自体、行くのは今回が初めて。
館内の展示物も気になるところですが、まっすぐ向かうは中庭。

P1150775
中庭に出ると、建物の左右側面に沿ってずら~っとカラフルなあじさいが! 

P1150757
こちらのあじさいは、日を経つにつれ青からショッキングピンクへと変わっていくんだそう。
日本で見るあじさいとは違う色合いで新鮮!
(こちらは先週木曜日時点の写真なので今はピンクの割合が多いかも…)

P1150765
 あじさいに沿ってテーブルが並べられたカフェスペース。
絵になります~


お天気が良く暖かい(暑い)ので、中央の噴水では子供たちや制服姿の女子学生たちが水遊び中。
ずっとここでぼんやり過ごしていたいのですが、売店でサンドイッチを買って軽く腹ごしらえをしたらそそくさと出発。

そう、今日のメインはあじさい…ではなく、ぶた
最近読んだ本で、「ホーランドパークには豚が放し飼いにされている」という情報を得て早速やってきたのです!

ランチで買ったサンドイッチを、ぶた用に少しだけ残して、いざ!ホーランドパークへ!

P1150779

 
 
続きを読む
最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク
  • ライブドアブログ