connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

2014年05月

チューリップを求めてオランダのキューケンコフ公園へ。(アクセス編)

■旅行日程:2014年4月28~30日(2泊3日)

P1120502
この時期のオランダは街中にチューリップが溢れてる!
50本で8ユーロは安い…!
このまま持って帰って、でっかい花瓶に全部ばさっと生けたい…


日本のGWも一段落ですね。
それにしても、GW中のロンドン中心部は日本人がたくさんいてびっくり!

ガトウィックへ向かうために降り立ったロンドンブリッジ駅では、エスカレーターで日本人観光客(別グループ!)に挟まれたり、至る所から日本語が聞こえてきたり…。
かく言うわたしは、フライト中の快眠に向けてすっぴん+ラフな格好で国籍不明のアジア人でしたが…笑

さて。遡ること約10日。(まだ10日か…!)
単身赴任中の旦那さまへこれから会いに行くという友人より一報を受け、急きょ向かうはオランダ・アムステルダム

トルコへのなんちゃって一人旅で、海外一人旅に味をしめたわたし。
まさにこれから飛行機へ乗りこむ友人の一報を受け、その二日後。
平日なので仕事のある夫をロンドンへ置いて、一人行ってきました。
ありがたや、ありがたや。 

 
思いつきで友人を訪ねたはいいものの、当の本人は旦那さまのお世話で大忙し
越してきて1年がたつのにまだ引っ越し用段ボール箱の積み重なる家を片づけたり、必要最低限の食材・食器を揃えたり、慣れない土地でオランダ語に四苦八苦しながらスーパーで買い出し、食事の準備…。

そんな友人の姿を見ていて、渡英直後の自分をふと思い出しました。

でも自分の場合は英語圏だし、超ハードな仕事の合間にロングフライトでやってきて慣れない土地と家で家事をこなすわけでもないし…。
駐在員の旦那さまを持つ、働く奥様って大変だ。


本人は忙しそうだし、せっかく日本からやってきた奥さん(友人)を旦那さんからあまりお借りしておくのも気が引けるので、友人とは一度夜ごはんと、別日にお茶を一緒にするのみにし、滞在中は今度こそほぼ一人旅!

なにせ思い立って2日後に訪れたオランダ旅行。
ガイドブックももちろん手元になければ、ネットでの情報収集もほぼ皆無。
さて…、(密かに)頼りの綱だった友人との観光案も消えてなくなったことだし、何をしようか…


そこで思い立ったのが、チューリップ
オランダといえば、風車チーズチューリップ
この時期のオランダは、まさにチューリップ天国!!!!

P1120931
風車で有名な村へはちょっと遠出になりますが、チーズ屋さんは街中にごろごろ。
大抵のお店はチーズの試食し放題なので、小腹が空いた時に便利。笑


オランダでチューリップといえば「キューケンコフ公園」というところらしい。

滞在先のホテルのwifiを利用し、携帯で行き方を調べるとどうやらアムステルダムの中心部より、電車とバスを乗り継いで片道1時間ちょっと
滞在ホテルからだと片道2時間弱…。
意外と遠いんだ…。

どうしよう…。やめとこうかな…。
そう諦めかけた時、たまたま数日前にオランダ旅行をしていた友人より空港より直通バスが出ているとの有力情報を入手!
そんなこと、オランダで友人に借りたガイドブックのどこにも書いてないのに…!


今年の開演は5月18日までとなっていますが、今後キューケンコフへお出かけになる方も多いと思いますので、ご参考にご紹介します♪


続きを読む

旅行シーズン到来!安おじ流外貨の両替術!

最近ブログの更新(主に旅行記)が滞っています。。
中途半端な旅行記は溜まる一方。。

20140429_120458
オランダへ一人旅に行ってきました♪

我が家は夫の任期的に、恐らく今年が最後のヨーロッパの夏!ということで、怒涛の旅行ラッシュに突入。
今まで「ご趣味は?」と聞かれても、無趣味なんです…となんとも気の利かない、その後の会話の広がりも発展も望めない返事しかできてこなかった私ですが、今なら言える気がする。
趣味は旅行です、って。(ちなみに最近一人旅の楽しさを知りました!)


さて。そんな夏の旅行シーズンに突入した我が家ですが今回は
旅行に関するお金のお話です。

このブログを読んで頂いている方はおなじみだと思うのですが、我が家の
家計管理はもっぱら夫の仕事。
日々の家計管理はもちろんのこと(大抵わたしがレシートを溜めこんで、お叱りを受ける)、私の貯金をよくわからない株や投資信託で運用していたり…。
前世はユダヤ人だったのではないだろうか。。

Wikipediaよりクウェンティン・マサイスの『両替商とその妻』(1514)
 
 
たまにおかしな無駄遣いをするくせに基本的には節約家の夫は、旅行のときのコスト意識も高いです。

そんな安おじですが、是非この旅行シーズン前に両替のコツをご紹介したい!
というたっての希望があり、「
外貨の
両替」について書いてみたいと思います。
※「安おじ」という言葉にピンとこない方は…
過去の安おじシリーズ「安おじ直伝!ミュージカルチケットを安く取る方法!?」 をチェック!
 

★その1:日本円をポンド・ユーロ・ドルへ (旅行、赴任前のまとまった両替の際に)
まずは日本から欧州圏への旅行者の方が日本円からポンド、ユーロ、ドルへの両替をするときにお薦めな方法について。
 
夫が日本にいるころに使っていたのはマネーパートナーズというFX会社の両替でした。
FXというと危ないもの…というイメージがありますが、使い方をマスターすればこれが一番手数料が安いらしい。

この会社は、ネットで事前に申込(送金)を完了しておくと、国内の一部空港※で外貨を受け取れるというサービスを展開しているそうなのですが、その場合、20万円両替したときの手数料は430円(両替手数料)+500円(空港受取手数料)となり、費用合計は0.5%ほど

街角などで両替をすると、
平均2%くらいは手数料で引かれるそうなので(手数料無料を謳っているところは、事前にそれくらいを差し引いたレートで両替されるらしい)、0.5%は確かに安いかも。
 
受け取りまで少し日数がかかるのは難点ですが手間を惜しまない人にはお薦めだそう。
旅行目的以外でも、
英国に赴任する前にまとまった金額を円から両替される方などは試されてみてもよいかもしれません。詳しくは上記リンクをご覧ください。
(※上記リンクから申し込みされてもわたしに手数料は入りません!念のため。笑)

ちなみに、こちらは旅行者の方限定のお話にはなりますが…
どうやら最近は、わざわざ旅行の際に外貨へ両替をせず、日本で発行されているクレジットカードを使うという手もあるみたい。
その場合は、
大体1.6%程度の為替レートで換算、請求されるうです。

そういえば、私たちもトランジットで1泊のみ、といった都市の場合はわざわざその都市の通貨への両替はせず、日本のクレジットカードで決済していたような気が…。
お買い物や食事がクレジットカードを使えるお店限定にはなってしますが、それでも普通に街頭で両替をするよりはお得になるようです。




  

★その2:ポンドをユーロ・ドルへ (主に在英中の方)
さて、ここからが本題。
在英の皆さんへ、
ポンドからユーロ、ドルを両替する際におすすめの
両替方法についてです。

 
続きを読む
最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク