connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
少し暇なくらいが性に合う20代主婦。平日はのんびり。週末は弾丸トラベラー。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづります。

2014年05月

まるでアリスの世界?不思議の国のリヤドに泊まる(モロッコ)

■旅行日程:2014年5月2~5日(3泊4日)

初のどイスラム圏はモロッコ王国!
これまでのあらすじはこちら
1)モロッコマラケシュに行く前に押さえておきたい3つのこと(旅の概要)


P1130210
ピンク色の街の至る所で目にする、荷物運搬中のロバ。
この暑い中…大変だねぇと思わず声をかけたくなる。


今回のフライトはガトウィック21時発。
空港到着後、深夜1時過ぎにまず向かうは宿泊先のホテル。
今回、宿泊は「リヤド」にしました。 

リヤドとは、もともと中庭を囲むように建てられたモロッコの伝統的な邸宅のことで、近年外国人オーナーがそれを買い取り、改修したものが現在観光客用の宿泊施設として使われているんだそう。
今では旧市街の中だけでも1000軒以上あるんだとか。

部屋数は4部屋程度といった規模の小さいものから、30部屋以上といった大きいものまで。

そんな中から今回お世話になったのはこちら。
Riad WO  (Booking.comのページに飛びます)

キャプチャ
HPはこちら(http://www.riadw.com/

古い家を改築して宿泊施設へすれば、全てがリヤドと呼べるため玉石混合が実情のリヤド業界だそうですが、こちらのリヤドはオーナーさん、雰囲気、設備含め、かなりお勧めできるので、少しだけご紹介します♪


続きを読む

モロッコマラケシュに行く前に押さえておきたい3つのこと(旅の概要)

■旅行日程2014年5月2日~5日(3泊4日)

なんだか、公式ガイドブックにあるようなタイトルになっていますが、完全に私自身の独断によるものです。
ご了承ください。笑

もう大分前の記憶になりつつありますが、モロッコ王国マラケシュへ行ってきました。
モロッコ王国って、なんだか魅惑的な響き…

キャプチャ
アフリカ大陸の入り口、スペインのすぐ下ですね
フライト時間は約3時間半。

モロッコと言えば…イスラム圏

先だって訪れたトルコで、イスラム体験を終えていた私。
イスラム圏にずーっと興味はあったものの、いきなりどイスラムだと心理的ハードルも高かろう、ということでまずは手慣らしに…と訪れたのがトルコでした。

人生初となるアザーン(祈りへの呼びかけ)、モスク人々の祈りの風景…。
初めはアザーンを聞く度に、あぁ~異国の地だなぁと感じていたのに、いつの間にかアザーンそのものを聞き逃してしまうくらい聞き慣れてしまう(生活に溶け込んでしまう)ので不思議。 

P1110203
壮麗なブルーモスク内での様子。
トルコと言えばチャイ、ハマム?トルコ旅行記はこちらから。 


アフリカ大陸自体は初めてじゃないし(未だ終わりを見ぬケニア旅行記)、 イスラム圏だって体験済み。
ふふふーん♪と余裕ぶって、荷造り・情報収集を開始したのがフライト当日の昼すぎ。

ここで思わぬ落とし穴に気付きます。


続きを読む

続・ロンドン手土産、今だったら何を選ぶ?

昨年10月にまとめた、いただいて嬉しかったお土産リスト。
「ロンドン手土産、今だったら何を選ぶ?(2013年10月)」

それから毎月、ブログの検索ワード上位に「ロンドン 手土産」があることからも、やっぱりこれから渡英・赴任を迎える奥様には悩みの種であることが伺い知れます。

…大変ですよね。手土産って。。

思い起こせば昨年の今頃は初渡英まであと5日。
初めての赴任帯同を目前に控え、まだ手土産選び・収集に奔走していました。

てんやわんやの渡英から早1年。
実際イギリスで生活していると、日本から出張でいらした夫の会社の方や、一時帰国をしてきた友人からお土産をいただく機会が結構あるのですが、いただく手土産のセンスの良さにはびっくり!

共にイギリス生活を送っている友人からは、やっぱり「そうそう!こういうの欲しいんだよね~…!」といった主婦目線どんぴしゃのものが頂けるし、
夫の会社の方からは、「日本に住んでいてどうしてこんな発想が…!」といった素敵なものが頂けるし…。(やはり海外出張に慣れていらっしゃるからでしょうか)


はぁ~。わたしもこんな手土産センスが欲しい。。(切実)


ということで、今後の自分への備忘録も兼ねて、いただいて嬉しかったもの今の自分だったらこれを選ぶ!など、つらつらと書きためていきたいと思います。

渡英1年夫婦二人生活目線での今の気持ちです。
ちなみに渡英5カ月目に考えていた手土産リストはこちら:「ロンドン手土産、今だったら何を選ぶ?(2013年10月)」
今回はこちらの記事の追加続編になりますので、前記事もぜひご参考にどうぞ♪


前記事からの再掲になりますが、
家族や友人など事前に欲しいものをリサーチできる場合は、実際今欲しいもの聞いてもらえるのが一番かな、と思います。
愛読しているマンガの最新本や、次回の旅行先のガイドブックや、観たいDVD、大好きなお菓子、調味料など…すごく実用的なものがオーダーされるはず。

※わたしは今回、日本からやってくる友人に歯ブラシと歯磨き粉をお願いする予定。

20100414_001_01
一時帰国の際久々に使ったクリアクリーン。
歯磨き後のすっきり感が神レベル。



今回は、会社関係の方や直接リサーチできない方への手土産などのご参考にしていただけるといいかもしれません。なお、あくまでわたしの主観ですのであしからず…!続きを読む

デパートって楽しい!裁縫用具はJohn Lewisで解決!

九州の田舎育ちでデパートというものに縁がなかったせいか、デパート(百貨店)の使い方がよくわかっていません。。

わざわざ高級そうなデパートに行かなくても、日本だったらその辺のお店で何でも手に入るし、何よりあの地上階の化粧品売り場の雰囲気が苦手。。

香水と化粧品の匂いむんむんのフロアで、お化粧ばっちりのお姉さま方が各ブースで待ち構え、ちょっと足を止めたり試供品を何気なく手に取ったりしようものなら、 そこから化粧品の案内(猛烈トーク)が始まり、メイクのお試しが始まり、メイクのお試しを受けたら最後。
「本日お試しいただいた商品」の案内の後、何か買わないと帰してもらえないような気になってしまう。。
(そんなことないんですかね?以前断れずにしぶしぶ3000円ほどのアイライナーを購入した経験あり。。涙)

友人に、あの化粧品フロアが苦手だと話すとすごく意外な顔をされるんですが、女性の皆さんはあのフロア楽しめるものなんでしょうか…

ikko002_01
「そちら、今月入った新作ですよ」


そんな苦手意識のある、日本のデパート事情はさておき。 

本日、ロンドンのデパート「John Lewis」へ行ってきました。
ハロッズやセルフリッジよりも、庶民派のイメージのデパートですね。

もちろん、今までも何度か足を運んだことはあるのですが、本日の目的はコレ

20211751

洋裁用のゴム紐

数年前に購入したお気に入りのリゾートワンピ(チューブトップ)があるのですが、胸元のゴムが伸びてしまって最近は専ら戦力外。
「ワンピくらいどこででも買えるし~」、と思って旅先やここイギリスでも探しているのですが、この1年で買えたのはついにスペインで見つけたワンピ1枚のみ。。

と、いうことで裁縫の経験ほぼ0と言ってよいわたしが、思い切って修繕にかかることにしました!


続きを読む

ロンドンでメガネを作ってみる

ついにやらかしてしまいました…。

メガネ、紛失。

images
「メガネメガネ…」でお馴染みのネタってこの方なんですね。
故・横山やすし師匠。
 

紛失の場所は、今週末トルコへ行った際の飛行機のシートポケット。。

毎回深夜便に乗る際は、離陸と同時にコンタクトレンズからメガネに切り替え、着陸時に再びコンタクトレンズオン、ということを繰り返していたため、いつかやらかすんじゃないかと思い毎回気は引き締めていたんですが…。

今回はロンドン離陸が深夜0時、現地着陸がロンドン時間早朝3時半というフライトだったため、完全に寝ぼけた状態でわたわたしていたら、案の定忘れてきてしまいました。。


視力が0.1以下というひどい近視(最近は乱視入り。。)で、普段は度の強いコンタクトレンズを使っているのですが、目が疲れた時や寝る前の読書などの時間はなるべくメガネを使うようにしています。
コンタクトやメガネなしだと、日常生活が送れません。

眼科検診のたびに「コンタクトレンズの装用時間をもっと短くしてください」と言われている身なのに、メガネなしとなると、起きた直後~寝る直前までコンタクトに頼らなければいけない…!
あとはやっぱり、コンタクト入れても目がごろごろする日…とか、万が一コンタクトレンズ紛失した時…とかやっぱり色々メガネは必要。


このままだと不便極まりないので、一日も早くメガネを!と思い、早朝3時帰宅、旅上がりの疲弊した体に鞭打って、本日メガネ屋さんへ行ってきました。


続きを読む

ロイヤルオペラハウスで初オペラ。「フィガロの結婚」

20140516_082109
郵送で届いたチケット。
真っ赤なケースが格式高いような気にさせられる?


人生初の生オペラ。
コベントガーデンにあるロイヤルオペラハウスで「フィガロの結婚」を観てきました。

オペラって、終始イタリア語で何て言ってるのか全然分かんないし、ストーリー展開もゆっくり(歌もゆっくり)。
ミュージカルとは違って、思わず眠くなってしまうイメージだったのですが、 実際観てみたら想像以上に面白かった!

「フィガロの結婚」は、フィガロとスザンナの結婚を巡って起こるドタバタ劇。
キャストの方々のコミカルな動きやセリフ、ストーリー展開はまさに喜劇そのもの。


「フィガロの結婚」序曲
ストーリーに馴染みのない方も、この曲をご存じの方は多いはず。
わたしは小学生時代の給食の時間を思い出します。。 



ステージの上部に英語字幕が出るのですが、その字幕とキャストの方の動きを目で追っているうちにあっという間に終わってしまいました。
劇中も途中観客席から笑いが起きたりして、オペラで笑いが起きるなんて思わなかった。
オペラ初心者の私にはもってこいの演目でした。

ストーリーもちゃんとわかるかな…と思っていたのですが、これもオペラのいいところで歌がゆっくりなので、英語字幕も2行くらいのものがぽろぽろっという感じ。

(映画のように)字幕に追い付かない、(ミュージカルのように)台詞が聞き取れないといったこともなく、実は海外で観るオペラって意外と語学のハードル低いのかも?と思ったり。


さて、ここで初めて入ったロイヤルオペラハウス。
少しだけ内部をご紹介します♪

20140515_185028
場所はコベントガーデン広場近く。
いつも存在は知っていたものの、中に入るのは今回が初めて。


続きを読む

海編:街角ほろ酔いバル巡り~サンセバ・ビルバオ

■旅行日程:2014年4月18~21日(3泊4日)

今年のイースターはスペインバスク地方で美食巡り!
これまでのあらすじはこちら
1)海vs山対決!街角ほろ酔いバル巡り~サンセバ・ビルバオ 
2)山編:街角ほろ酔いバル巡り~サンセバ・ビルバオ



サンセバ・ビルバオ二都市のバルを食べ歩く、食い倒れの旅!

題して、「海vs山対決!街角ほろ酔いバル巡り」スタート!

山派のビルバオに続き、今回は派:サンセバ
世界で最も有名な美食の街といっても過言ではない、サン・セバスチャン。

P1120395
サンセバの海岸で撮った写真

ビルバオが内陸部・都市部(イメージはマドリッド?)に対して、サンセバは沿岸部・一大観光地(バルセロナ?)といった感じ?
バルセロナ行ったことないけど…。

期待を遥かに超えるクオリティで応えてくれたビルバオ。
サンセバのブランドは、それに打ち勝つことができるのか?!


またしてもこちらでは、サンセバで巡ったバル10店舗26ピンチョのうち、美味しかったピンチョベスト3と、お薦めバルベスト3(ピンチョの味&店内の雰囲気で総合評価)を、ビルバオで出会った風景とともにご紹介します♪

ちなみに食い倒れ3日目となるサンセバ初日は、ついに胃薬投入。

20140418_071431
イギリスの薬局で買いました。
色んな味が売っていますが、こちらはペパーミント味で、食感はラムネのよう。水なしでも飲める便利なやつ。


人生で初めて胃薬なるものを飲んだわたし。
胃薬って凄いんですね。寝る前に飲んでおいたら翌朝きっちり空腹状態!
きっちり胃薬を服用するわたしと、服用しない夫で、旅後半の食欲・意欲に歴然の差が生じます。

バスクに行かれる際はぜひ旅のお供にどうぞ。

P1120337
今回のテーマは徹底したバル巡り。
もちろん朝ご飯もピンチョです。


さて、それでは早速ピンチョ編です!

サンセバで出会った絶品ピンチョ1位は…

P1120370
いかすみリゾット(お店:atari gastroteka
※お店の詳細はまとめて最後にご紹介!

バゲット、バゲット、串、バゲット、バゲット…
こんな食生活が二日も続くと、やっぱり恋しくなるお米
日本人だなぁと思います。

どうしてもお米が食べたくなり、美味しいリゾットを探し歩いたのですが、意外とリゾットないんですよねぇ…。
リゾットを探し訪ねること数軒目。
そこでようやく出会えたのがこちら。
海の幸、いかすみをふんだんに使ったいかすみリゾット!

これ、「お米が食べたかった」というひいき抜きにして、本当に美味しかったです。
臭みが全くなくまろやか!
ピンチョサイズで小ぶりなので、数口でぺろりと食べ終わってしまうのが惜しい。。


続きを読む

山編:街角ほろ酔いバル巡り~サンセバ・ビルバオ

■旅行日程:2014年4月18~21日(3泊4日)

今年のイースターはスペインバスク地方で美食巡り!
これまでのあらすじはこちら
1)海vs山対決!街角ほろ酔いバル巡り~サンセバ・ビルバオ 

すっかり更新に間が空いてしまいました。。
が、ここでようやく!
サンセバ・ビルバオ二都市のバルを食べ歩く、食い倒れの旅!

題して、「海vs山対決!街角ほろ酔いバル巡り」スタート!

まずは、バルやピンチョのコスパ面に期待がかかる、山派:ビルバオから。

こちらではビルバオで巡ったバル10店舗35ピンチョのうち、美味しかったピンチョと、お店の総合評価(ピンチョの味&店内の雰囲気)を、ビルバオで出会った風景とともに勝手にランキング形式でご紹介します♪


P1110890
背後に迫りくる山々。とってもビルバオらしい風景。 

まずはピンチョ編

美味しかったピンチョ1位

P1110848
食べたお店:El Globo
(お店の詳細はまとめて最後にご紹介します)

こちら、実はビルバオで食べた初めてのピンチョだったのですが、これがもう美味しくて感動!
ビルバオ・サンセバ2都市で食べたピンチョNo1です!

ピンチョは、このようなバゲットの上に色んなおかずが乗っているのが基本なのですが、こちらに乗っているのはオリーブをすりつぶしたようなソースと、山羊のチーズを練り込んだホワイトソースのようなもの。
食べる前にほんのり温めてくれるので、チーズが少し焦げて香ばしい…!

最後まで忘れられない味でした。
もしもう一度ビルバオに行く機会があれば、絶対食べたい一品!

ちなみに、このピンチョの名前がわからなくても大丈夫!
後にお店の写真を載せますが、カウンターにずらぁっとピンチョが並んでいるので指さして店員さんにお皿に取ってもらえばOK! 



続きを読む

自転車天国オランダ!オランダ自転車のあれこれ

オランダ旅行記のつづきです。
■旅行日程:2014年4月28~30日(2泊3日)


スキポール空港から直通バスあります♪
1)チューリップを求めてオランダのキューケンコフ公園へ(アクセス編) 
2)あんなものからこんなものまで!?今が満開!オランダのチューリップ 

P1120915
雑貨屋さんにも自転車デザインのものがたくさん


オランダでは自転車に気をつけてね

ロンドンを発つ前にそう夫に送り出されたのですが、行ってみて「なるほど~」と納得。
街を歩けば、辺りは自転車自転車自転車
老いも若きも観光客も、みーんな自転車。そこはまさに自転車天国!

P1120886
白髪のおじいちゃんも…

P1120887
スーツ姿のお兄さんも…
(カメラを構えていたらお姉さんがピースサインをしてくれました♪)

P1120831
地元のお姉さんも…

ちなみに、後ろに見えるのはアムステルダム中央駅。
何か見覚えがあるな…と思ったら、東京駅にそっくり! 

滞在中てっきり東京駅は、このアムステルダム中央駅がモデルなんだと思っていました。
が、帰国後調べてみると、確かに「東京駅(丸の内駅舎)のモデルは、アムステルダム中央駅だ」と言われ続けた時代があったそうですが、今では建築の専門家によってその俗説は否定されているそうです。

双方赤レンガ造りで横長い構造であるという点、いづれも皇族専用の部屋を備えている点などが共通しているものの、建築様式が全く異なるんだとか。

そんな東京駅とアムステルダム中央駅は、今では姉妹駅(2006年姉妹駅提携)。
何はともあれ、遠い異国の地と日本とのつながりを感じられるのは嬉しいことです♪


話がそれましたが、そんな自転車大国のオランダ。
何でもアムステルダムでは、人間の数よりも自転車の数の方が多いんだそう。(!)

20140428_122256
ホテル最寄り駅付近の様子。
高架下に大量の自転車を見た瞬間、脳裏に浮かんだTOKYOの文字…



続きを読む

あんなものからこんなものまで!?今が満開!オランダのチューリップ

オランダ旅行記のつづきです。
■旅行日程:2014年4月28~30日(2泊3日)


スキポール空港から直通バスあります♪
1)チューリップを求めてオランダのキューケンコフ公園へ(アクセス編) 

P1120571


さて。
思い立って2日後に飛行機に乗るという行き当たりばったりの旅にしては、なんともうまく行っているオランダ旅行。
計画性0でもいつも何とか上手くいってしまうので、ますます図に乗ってしまうのがわたしの悪いところ…。
(…と、自戒しているように見せかけて、本当は何も考えていないわたしは典型的なB型!)

やってきました!オランダのキューケンコフ公園

こちらの公園は世界的に有名な花の庭園で、毎年限定2カ月の開園だそうですが、開園中は実に700万株以上の花が咲き乱れるんだそうですよ。

P1120581

そして今年は開園からちょうど65周年
開園65周年を記念して、今年のテーマは「オランダ」。

チューリップの歴史や、17世紀に湧き起こったチューリップバブル、現在のチューリップに関する展示があるほか、アムステルダムの街並みのモザイクがチューリップで作られていたりと、まさに願ったり叶ったりのチューリップ天国

事前情報によると、園内にはカフェのような休憩スポットも充実しているとのことで、そちらも楽しみ。
お天気はあいにくの曇天・小雨がちですが、空気がしっとりしていて気持ちがいい。思わず深呼吸。
お天気とは裏腹に気分は晴れやか。

いざ、園内へ!


続きを読む
最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク
  • ライブドアブログ