connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

2014年01月

2本の映画からサッチャー政権下の炭鉱町を知る

月一のミュージカル鑑賞を掲げている我が家。
今月は夫の気まぐれで、「(2度目の鑑賞となる)マンマ・ミーア」に続き、「Billy Elliot」を観にいくことになっています。

なんでも、Billy Elliotは夫が以前映画を観たことがあるらしく 、その映画が好きなんだとか。

わたしはというと、ロンドンでよくミュージカルのポスターは目にしていたものの、ストーリー自体は全く知らないので、予習のために本日ネットで映画を見てみました。

Billy-Elliot
観たことがない方も、このポスターには馴染みがあるはず…
映画の邦題は「リトル・ダンサー」だそうです。 


事前のストーリー情報では、
1984年のイギリス北部の炭坑町を舞台に1人の少年が、当時女性のためのものとされていたバレエに夢中になり、性差を超えてプロのバレエ・ダンサーを目指す過程を描いた作品Wikipediaより)

とのことだったので、てっきりよくある夢追い物語系の青春ドラマかなぁと軽く見始めたら…
実は深かった。。


内容の詳細は省きますが、
サッチャー政権下で、いくつもの炭鉱が閉鎖され、失業者が溢れたという話はうっすらとどこかで聞き覚えがあったけど、このストーリーの舞台はまさにその炭鉱町。


続きを読む

ポンポン、ポップコーンの謎

昨日は友人夫婦宅にお邪魔して、軽い新年会。
来週に控えた1泊2日ウェールズ旅行の打ち合わせ…の話には全くならず、いつも通り食べて飲んで、楽しい時間でした。

さて、昨夜の密かな主役はポップコーン
前回の飲み会の時に、自宅にあった(日本より持ってきた)ポップコーンの種を持参していたのですが、結局その時は調理に至らず、今回思い出したように出てきたのです。

images
こんなやつ。出所は不明。


さて、食事も一通り済んだところで早速ポップコーンの調理にとりかかろう、ということで、テーブルにセットされたカセットコンロ。

1560413_499295556857446_1595982341_n
 

説明書通りに、まずはポップコーンの種をフライパンの7割ほど敷き詰めて、上から油をたらして、いざ着火。

ポップコーンの調理って、小学生くらいの時に自宅でやったような記憶があるけど、その時はアルミ箔で覆われたフライパンのような商品のイメージ。
目の前でどんな風にポップコーンが出来上がるのか…どきどき。

11129181
昔スーパーでよく見かけたポップコーン


フライパンのふたをして、しばらくじーっと眺めていると…

20140125_193042

ぽんっという音とともに、フライパンのふたに弾け飛んだコーンの粒は、いつの間にか白い物体に!
これはもう、何度見ても不思議で、さっきまで黄色いコーンだったものが、次の瞬間にはふわふわの白いポップコーンになっている…!!

飽きもせずにその様子を眺めていると、数分後にはその音も、弾けるコーンもなくなり、ポップコーンの出来上がり~。
銀色のアルミでできたフライパンの中でなく、小さい時にデパートでよく買ってもらった、ハローキティーのポップコーンマシーンの中でもなく、目の前でポップコーンができる過程を目の当たりにした衝撃は、思った以上に大きい。

20050818203612
これこれ!
甘~いバターの香りと、「♪ポップコーン、ポップコーン、ポップコーンはいかがですか?」というキティちゃんの声に誘われて、ついつい毎回買ってもらったポップコーンマシーン。今もあるんでしょうか…

 
頭の中はキティちゃんの声でいっぱいなのですが、このポップコーン。
考えれば考えるほど不思議…。
なぜあの黄色い種が爆発して、一瞬のうちに白いふわふわふになるのか…。
あの白いふわふわは一体どこからやってきて、そもそも何なのか…。


ということで、調べてみました。
ネットって便利ですね~。
キティちゃんのポップコーンを買っていたころ、仮に同じ疑問が湧いていたとしたらどうやって解決したのだろうか…。


続きを読む

フランス旅行:美味しいラーメンを求めてパリへ

2014年1月18日~19日

nakaoakira
この写真に見覚えのある方、いつもありがとうございます。

唸るほど美味しいものが食べたいシリーズ、第2弾。

2度目のフランス週末旅行。行き先はパリ。
1泊2日でパリとなれば、メインはもちろん「食べること」。
美味しいものを食べて、食べて、食べまくる!!!
旅先で美味しいものを食べるために、我が家はロンドンでの外食費や生活費を節制しているといっても過言ではありません。
 
1度目となる前回は、パリのレストランの地獄と天国(詳細は第1弾)を見ましたが、 今回はリベンジも兼ねてどうしても行きたいお店がありました。
それは、正真正銘・日本のラーメンを食べさせてくれるというあのお店。 


DSC03574
その名も、「こってりらーめん なりたけ


以前からまことしやかに周りで囁かれていた「なにやら、パリまで行くと本物のラーメンが食べられるらしい。中にはそれを食べにわざわざロンドンから通う人がいるとか…」という噂。 

これは、ラーメン好きな私としては行っておかなければいけない!!!


生まれも育ちも九州・福岡育ち。
男兄弟に挟まれ、兄弟や家族(主に父親)と近所のラーメン屋に行くことはもちろん、高校時代は校門隣にあるラーメン屋に女友達とさくっと立ち寄って食べて帰る、といった環境で育った私。(今考えると、なかなか東京の女子高生にはない青春時代ですね…笑)

味はもちろん、有無を言わさずとんこつ一筋
お店のテーブルもメニューも壁も、脂でぎとぎとのお店ほど、ラーメンのスープもどろどろで豚骨くさくて美味しい!

そんなわたし。
ロンドンに来てからというもの、いくつかのラーメン屋を巡ってみたものの、やっぱり「これだ!」という味には出会えない。。

高校卒業後8年過ごした東京でもなかなか好みの味に出会えなかったのに、ましてや外国の地で好みの脂ぎとぎと濃厚とんこつラーメンに出会うことは不可能…と諦めかけていたまさにこのタイミングで訪れたパリ再訪の機会。


前評判を調べると、どうやらかなり、重めのこってり味が食べられるらしい。
しかも事前にお店に問い合わせたところ、美味しい地元のレストランが悉く閉店する日曜日(詳細は第1弾にて)でも営業しているとのことで、週末トラベラーの私たちにはもってこいのお店!

日曜日の夜ごはんに設定したため、当日は数時間後についに食べられる美味しいラーメンを胸に、朝から気もそぞろの私たち。笑

そしてついにやってきたその瞬間!


続きを読む

ケニアサファリ:食事・接客・居心地・立地抜群のテント(ashnil MARA CAMP)

散々迷ったロンドン発の年末年始はケニア&モーリシャス!
旅の概要は「年末年始の旅行の準備~予防接種編
手荷物準備に関しては「年末年始の旅行の準備~手荷物編

ケニアサファリ編:2013年12月25日~31日(6泊7日)
1)ナイロビ到着!火災から5カ月の空港は今… 
2)陸路、マサイマラへ!アフリカの大地を6時間ドライブ。


さて、今回はケニアのマサイマラで5泊した宿泊テントのご紹介です。
何故わざわざ宿泊施設をご紹介しようと思ったか…。
それは、わたしがケニアサファリに対するとんでもない勘違いをしていたから!

てっきり、アフリカのサファリで宿泊するところって…

morocco3_m20
こんなとことか…(これはモロッコのテント)

Mongolia_Ger
こんなとこ…(これはモンゴルのゲルですね)


こんな感じのライフスタイルを想像していました。笑 
電気も水もない、もちろんトイレは青空トイレのイメージ…

が、計画が具体的に進んでくるにつれ見えてきたホテルは、こんなイメージとは程遠い素敵なホテルばかり!
(ケニアのマサイマラでは、あくまでホテルではなく「キャンプ・テント」といった呼び方をするようですが、私から言わせれば立派なリゾートホテル

ということで、「サファリって(いわゆる)キャンプのテントみたいなところに泊まるんでしょ~…?」と心配な方に!笑
今回宿泊したテントの一部をご紹介します♪
 
 続きを読む

イギリス三大ハイテクマシーン!図書館を利用してみた結果…

The-British-Library_EN
British Libraryにはモーツァルトの直筆楽譜や、ポールマッカートニー直筆ビートルズの歌詞原稿なんかも保管されているらしい


自称・活字中毒の夫の影響で、最近本を読むようになりました。

こちらに来てからは、Kindleで本をダウンロードして自宅でも旅先でも読んでいます。
Kindleって本当に便利。
最新の本から話題の本まで、読みたいと思ったら(マニアックな本でない限りかなりの確率で)すぐ読める。

特に海外生活をしていると、日本語の本が読みたくても手に入らなかったり割高だったりするので、重宝しています。
これから海外生活を始める人には、ぜひお勧めしたいくらい。


さて。最近読書量が増えたせいで、既にKindleにダウンロードしていて気になる本は全て読了。
もっと読みたい本もリストアップはしているのですが、値下げ待ち(というより、夫のOKサイン待ち笑)なのです。


ということで、思い出したように自宅近くの図書館を久々にのぞいてみました。
こちらの図書館、イギリスに来たばかりの時に大家さんに「日本語の本も置いてあるわよ」と教えてもらい、のぞいてみると確かに数は少ない(棚ひとつ分くらい)ものの、使える!と思い、会員カードだけは作っておいたのです。

33427
会員カードの申請用紙

33426
中身も結構ぎっしり。エスニックグループを記入する欄がイギリスっぽい?
ちなみに、こういったとき日本人は「Asian」ではないらしく、Asianの選択項目はインド、パキスタン、バングラディシュ日本人はOther ethnic groupだと聞いていたのですが、本当にその通りでした。


続きを読む

「あなたは何人ですか?」??

Passport


今日何気なくFBをのぞいていたら、前職の上司がある本の書評を載せていました。
紹介されていたのは

「日本と世界はこうなる:日下公人が読む2014年~」

という本だったのですが、その本の内容として

1)2014年はグローバリズムからローカリズム(地元)へ世界が変わる
2)その時、土着文明・文化がない人・国・地域はアイデンティティ・クライシス(我々は何者なのか?)に襲われる
3)一番アイデンティティがある国は日本なので、世界は日本を学ぶようになる

ということが紹介されていたのですが、これを読んだときに思わず色々と考え込んでしまいました。


最近こちらの人との会話でよく思うのが、
この人は一体何人なんだろう…?」ということ。

そういえば昨日も、大家さんと夫の上司、それぞれと話す機会があったのですがその時もまさにそんなことを考えていました。

続きを読む

ケニアサファリ:サファリのイメージが変わった!初日は睡魔との闘い

散々迷ったロンドン発の年末年始はケニア&モーリシャス!
旅の概要は「年末年始の旅行の準備~予防接種編
手荷物準備に関しては「年末年始の旅行の準備~手荷物編

ケニアサファリ編:2013年12月25日~31日(6泊7日)
1)ナイロビ到着!火災から5カ月の空港は今… 
2)陸路、マサイマラへ!アフリカの大地を6時間ドライブ。


ナイロビを出て5時間ようやく国立保護区の入り口に到着!

BlogPaint
やっと着いた~!と大きく伸びをする夫。
と言っても、私たち夫婦は寝たり起きたりを繰り返していましたが。笑 ジョージ、安全運転をありがとう。

こちらのゲートから、今回の宿泊テントまでは更に1時間ほどかかりますが、ここはもう野生の王国!
ジョージが車の屋根を開けてくれ、テントへの道すがら1stサファリのスタート!

無題
ちなみに、「え~、ここからテントまで更に1時間~!?」とびっくりしてしまいますが、なんとこのマサイマラ国立保護区(赤い部分)はちょうど大阪府の面積と同じくらいの広さなのです。
おっきいぞ!アフリカ!


続きを読む

ケニアサファリ:陸路、マサイマラへ!アフリカの大地を6時間ドライブ。

散々迷ったロンドン発の年末年始はケニア&モーリシャス!
旅の概要は「年末年始の旅行の準備~予防接種編
手荷物準備に関しては「年末年始の旅行の準備~手荷物編

ケニアサファリ編:2013年12月25日~31日(6泊7日)
1)ナイロビ到着!火災から5カ月の空港は今… 


【ケニア1日目(12月26日)スケジュール】
06:00 ナイロビ空港着 
07:00 マサイマラに向けて出発
13:00 マサイマラ国立保護区入り口ゲート到着
      1stサファリ
14:00  ホテルチェックイン、昼食
16:30 2ndサファリ
19:00 ホテル着、夕食 
22:00 就寝 


今回、ロンドン~ケニア~モーリシャスと移動が変則的だったため、いつも通り航空券とホテルは自己手配。
別途、空港からホテルまでの送迎、毎日のゲームサファリ運行、そして最終日空港までの送迎をしてくれるサファリ催行会社をネットで探して予約しておきました。

今回お願いしたのは「Go Kenya Holiday Tours & Safaris」という会社。
HP:http://www.gokenyaholiday.com/

手配をした夫いわく、会社選びの決め手は
・金額が予算内
トリップアドバイザーでの評価が高い
・検索上位にあがってくる

だったそうです。
ただ一点、メールのやりとりをする担当者が会社の独自ドメインではなく、hotmailだったのが気がかりだったとか。でも大丈夫、ちゃんと予約できてました♪


空港からは絶対一歩も出るな。必ず送迎をつけるように」と、ケニア出身の大家さんに念を押されていた(脅されていた)ので、空港を出るときはちょっとどきどきだったのですが、そんな私たちを待っていてくれたのは、今回の旅の相棒(ドライバー兼サファリガイド)ジョージ

出発とともに別れた、マネージャーのような人が「君たちは運がいいよ!最高のドライバーにあたったね!」と言ってくれたのですが、今振り返ってもその言葉はお世辞ではなかったと思うくらい動物に関する知識豊富で、時間にも正確な、本当にいいドライバーさんでした。


到着時のあの警戒心は何だったのか…と思うほどのんびりとした周囲の雰囲気と、アフリカの真っ青な空に歓迎され、ジョージとともに陸路、マサイマラを目指します。 

20131226_075401
1週間行動を共にするバン。
雲ひとつない真っ青な空が気持ちいい!

20131226_040320
後ろには世界のTOYOTAのロゴ。他社のサファリカーにも多し。
確かに、体が飛び跳ねるほどの悪路を突っ走り、広大なサファリを運行するには頑丈であることが何よりも大事!ドライバーのジョージも、日本製の車が一番だとベタ褒めでした。


続きを読む

ケニアサファリ:ナイロビ到着!火災から5カ月の空港は今…

散々迷ったロンドン発の年末年始はケニア&モーリシャス!
旅の概要は「年末年始の旅行の準備~予防接種編
手荷物準備に関しては「年末年始の旅行の準備~手荷物編

いよいよここからが本編!
ケニアサファリ編:2013年12月25日~31日(6泊7日)


2013年8月に起きた、ナイロビの空港の大規模火災
東アフリカ最大の空港である、ジョモ・ケニヤッタ国際空港の到着ロビーが全焼したとのニュースは連日BBCでも放送されており、記憶に新しい方も多いと思います。

img_73d39da426e4bc7e60f7989c87f34eda110029

イマイチ火災の原因ははっきりしないらしいものの(テロではないらしい)、当時観光シーズンまっただ中(ヌーの大移動が行われるので世界中から観光客が押し寄せる)の同空港が翌日深夜には操業を再開したというから驚き。

火災発生から約5カ月。
どんなもんかなーと思いながら、行ってきました。

位置(拡大)
今回行きに利用したのは「Kenya Airways」。
ロンドンヒースロー空港より、直行で約8時間半

20131226_034120
飛行機を降りて振り返ると、後方に建設中の建物が。到着ロビー再建中かな?
 

続きを読む

2014年、波乱の幕開けから一転…?

20140103_083343
新年を迎えたモーリシャスの写真


明けましておめでとうございます。
予定よりも1日遅い帰宅となりましたが、 無事に夫婦初となるアフリカ(ケニア&モーリシャス)より帰ってきました。

さて、2014年ですが

元日よりモーリシャスでサイクロンに遭い、(結果1日・2日は海を見ることもなくヴィラで日がな読書。溜まるフラストレーション。)

フランスではフライトの遅れにより乗り継ぎの便に間に合わず、(最終便にすら間にあわなかったので予期せぬフランス入国・ステイ)

航空会社の用意してくれたホテルでは、部屋Wブッキングの憂き目に遭い、

機内持ち込みの手荷物ひとつで夜を明かし(着替えも洗面用具もなく、コンタクトは外せずつけっぱなし)、

へとへとになって辿り着いたロンドンでは、予想通りスーツケースが届かずロストバゲージデビュー。


といった、なんともネタに溢れた新年を迎えております。笑


もう、色々思うところはありますが…

1月にサイクロンって、タクシーのドライバーさん経験したことないって言ってたなぁ、とか
航空会社が手配してくれるホテル、結構楽しみだったのに行ってみたらビジネスホテルクラスでがっかりだなぁ、とか
荷物絶対なくなると思ったから、ホテル行く前に回収しようと思ったのに案の定だったなぁ、とか…。


ここまで書いてると、何とも幸先の悪い新年だなぁと自分でも思えてくるのですが(実際今日まで頭に浮かんでいた文字は「災難」「波乱」)、本日宅配業者(?)より自宅にスーツケースが届きました!

ロストバゲージのカウンターで受付を待っていると、私と同じように荷物のなくなった方で溢れていて順番待ちをしながら妙に安心したものですが、どうやら完全になくなってしまうことは稀のようで、通常1~2日で手元に戻ってくるようです。

無事に手元に戻ってきた今。
20キロあったスーツケースを、ヘトヘトの状態で自分で持ち帰ることなく2日後自宅まで無料で届けてもらえた…
と思うと、何だか悪くないかも!?という気になってます。笑

ロンドンに帰りつくころにはきっと食べごろ♪
と思って、スーツケースに忍ばせていたマンゴーだけが気がかりでしたが、今確認したところそちらもまだ大丈夫な様子!
ぐちゃぐちゃに潰れてなくてよかった!


今日は朝から活動できたし、予定していた手術も何の問題もなく終えたし(ちょろっと背中を切ってちょろっと縫うだけ!でも人生初の外科手術!)、スーツケースも届いたし、今夜の晩御飯(旅行から帰ると必ず食べたくなるカレー)も美味しくできた!

よっしゃ!運気が上がってきた~~~~!!!!!


今年もこんな感じでお気楽に生きていきたいと思います♪
今年もよろしくお願いします~(^O^)


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ  



 

最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク