connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

2013年08月

ノッティングヒルのお口の恋人(続:ベビーシャワーへの不安)

ベビーシャワーに対して抱いていた不安は以前書いたとおりですが(ベビーシャワーへの不安)、本日は当日の手土産なるチョコレートを買ってきました。

向かったのは、ノッティングヒルにある「Melt」というチョコレート屋さん。
以前からガイドブックや、デパート等で見かけてパッケージがとても可愛いので気になっていました。

しかもこのチョコレート、日本人ショコラティエの方が手がけているらしい。
外国産のあま~いチョコレートとは一味違う繊細なチョコレート。
そして何より、日本人プロデュース。
いいではないか!

ということでやってきました。

20130831_173119
お店はここの1店舗のみ

20130831_173658
お店の奥はカフェになってます
今度は利用してみたい♪


続きを読む

ノルウェー旅行~2日目:カヤックでフィヨルドを渡る

ノルウェー旅行記の続きです。これまでのあらすじはこちらからどうぞ。
1)ノルウェー旅行~1日目:空港でかわいい北欧デザインに出会う 
2)ノルウェー旅行~1日目:ノルウェーの物価は本当に高いのか?
3)ノルウェー旅行~番外:ベルゲンのおすすめレストラン 
4)ノルウェー旅行~1日目:フィヨルド観光船、いざ出港!
5)ノルウェー旅行~1日目:難破船と化すフィヨルド観光船

6)ノルウェー旅行~2日目:ヴォスでのアクティビティ お勧め会社



2013年8月25日(日) 

いよいよ、フィヨルドでカヤッキング体験!

20130825_092704
オフィスよりカヤック出発地点までは、クレッグの運転で向かいます。
向かう先は「Bakka」

無題
A:ヴォス より B:バッカ までは車で約1時間弱の道のり

20130825_094746
途中やぎの群れに行く手を阻まれる

P1070373
車窓から見える連なる山々…
この景色が見れるだけでも行く価値あり!


続きを読む

ノルウェー旅行~2日目:ヴォスでのアクティビティ お勧め会社

ノルウェー旅行記の続きです。これまでのあらすじはこちらからどうぞ。
1)ノルウェー旅行~1日目:空港でかわいい北欧デザインに出会う 
2)ノルウェー旅行~1日目:ノルウェーの物価は本当に高いのか?
3)ノルウェー旅行~番外:ベルゲンのおすすめレストラン 
4)ノルウェー旅行~1日目:フィヨルド観光船、いざ出港!
5)ノルウェー旅行~1日目:難破船と化すフィヨルド観光船



2013年8月25日(日) 

20130825_181304
ベルゲンから乗ってきたヴォス行きの電車

昨夜終電に乗り、ヴォスに着いたのが0時半。
眠い目をこすりこすり、窓のカーテンを開けると何やら白いもやが…。

むむ!? 

急いでコンタクトをつけ、再度窓の外を眺めると、この景色!

20130826_063421
目の前の湖のすぐ上空に雲!?が…!
起きて30分ほどでなくなってしまいました。 


どうやら本日も快晴! 今日は沖縄西表島に引き続き、人生2度目のカヤック体験。(厳密に言うと西表島ではカヌーでしたが、似たようなもんですね)
急いで身支度を整えて集合場所へ向かいます。


続きを読む

ノルウェー旅行~1日目:難破船と化すフィヨルド観光船

ノルウェー旅行記の続きです。これまでのあらすじはこちらからどうぞ。
1)ノルウェー旅行~1日目:空港でかわいい北欧デザインに出会う 
2)ノルウェー旅行~1日目:ノルウェーの物価は本当に高いのか?
3)ノルウェー旅行~番外:ベルゲンのおすすめレストラン 
4)ノルウェー旅行~1日目:フィヨルド観光船、いざ出港!



2013年8月24日(土)

20130824_184736
船内にいたトロール。ノルウェーの妖精。
いたずらしないでね。

 

予想とはかなり違った形での出港となりましたが、気を取り直して!いざ、フィヨルド観光へ~!

フィヨルドとは、「氷河による浸食作用によって形成された、複雑な形の湾・入江のこと。湾の入り口から奥まで湾の幅があまり変わらず、非常に細長い形状の湾を形成する」 by Wikipedia

ふむふむ。中学校の社会科の授業で習ったな。
わくわく。

20130824_151148
非常に込み合うデッキ
 日差しが強いのでサングラス・日焼け止め必須。
日除けの帽子もあるとなおいいです。

P1070220
遠ざかっていくベルゲンの街並み
遠目に見てもきれい~


さて。このツアー、所要4時間という結構本格的なツアーなのですが、要所要所で(おそらく船長による)ガイドアナウンスが入ります。


続きを読む

ベビーシャワーへの不安

こんにちは。
本日またしても、パワーシャワーに悩まされています
旅行から帰ったらついぞ作動しなくなったパワーシャワー。。
大家さんに電話で報告したら、すぐに駆けつけてくれました。
こちらの話題はまた別途まとめるとして…

実は昨日より「ベビーシャワー」に頭を悩ませています。
パワーシャワーにベビーシャワー。決して洒落のつもりじゃありません。

20130828_173801
こちらはハロッズのロイヤルベビーカップ。
左が名前が決まった後のデザインで、右は決まる前のもの。
個人的には右のタイプのが好き♪


ノルウェー旅行中に、先月のBBQで知り合った夫の友人(コロンビア人の明るく素敵な女性)よりFBにメッセージが。
同じくBBQに同席していた彼女のお姉さんが10月に第一子を出産予定なのですが、そのお姉さんのベビーシャワーを開催するのでぜひどうぞ、というもの。

ベビーシャワーって、あのSATCの映画の中でみたやつだ!
でも実際、何だっけ…
ということで少し調べてみたら、「ベビーシャワーとは、もうすぐ赤ちゃんが生まれる人の家族や友達が主催する、女性だけのパーティー」だそう。


続きを読む

ノルウェー旅行~1日目:フィヨルド観光船いざ、出港!

ノルウェー旅行記の続きです。これまでのあらすじはこちらからどうぞ。
1)ノルウェー旅行~1日目:空港でかわいい北欧デザインに出会う 
2)ノルウェー旅行~1日目:ノルウェーの物価は本当に高いのか?
3)ノルウェー旅行~番外:ベルゲンのおすすめレストラン


2013年8月24日(土)

フィッシュマーケットで軽くお腹を満たし、いざ観光へ!

もともとは、軽く観光をした後すぐに宿泊地であるヴォスへ向かう予定だったのですが、なんといってもこの快晴! 

20130824_123152
向こう側に見えるのは世界遺産の街並み、ブリッゲン地区

晴天に恵まれることの少ないらしいフィヨルド地区で、このお天気は貴重!今日このお天気を逃したら、もう二度とこの快晴は拝めないかもしれない!

ということで急遽予定を変更して、フィヨルド観光船に乗ってフィヨルドを観に行くことに。
向かったのはフィッシュマーケットそばにある、ビジターセンター
ヴォス行きの電車の時刻表と、その合間にフィヨルド観光船に乗れるようなツアーがないかどうかの相談に。 

観光トップシーズンというだけあって、かなり混み合っていますが整理券を取って順番を待ちます。

20130824_121358
ガイドブックも各種無料で取り揃えてありますが、言語も英語、独語、仏語、中国語と多彩。なんと日本語のものまで!


順番が来て、窓口のお姉さんに相談すると、ヴォス行きの電車は最終23時過ぎまであるとのこと。
その時間を利用してのフィヨルド観光船は、「White Lady」という会社の観光船4時間ツアーを提案されました。

この会社のツアープランはふたつ。
ハーバーツアー(所要50分) 130クローネ(約2100円)
フィヨルドツアー(所要4時間) 480クローネ(約7750円)
※2013年8月28日現在の為替レートで計算 

ハーバーツアーはちょうど14時半にもう船が出てしまっているため、思いつきにしては結構がっつりになってしまうものの、所要4時間のフィヨルドツアーを申し込むことにしました。
出港時刻は季節によって変動するようで、今年は8月いっぱいは15時半の出港でした。 
詳細は会社HPを見てくださいね。


出港まで約1時間。その間ベルゲンの街をぶらぶら散策。


続きを読む

ノルウェー旅行~番外:ベルゲンのおすすめレストラン

ノルウェー旅行記の続きです。これまでのあらすじはこちらからどうぞ。
1)ノルウェー旅行~1日目:空港でかわいい北欧デザインに出会う 
2)ノルウェー旅行1日目:ノルウェーの物価は本当に高いのか?


P1070560
旅先では必ずその土地のビール!わたしはドラフト派。
Hansaはキレとポップの香り双方において◎!
最近飲んだビールの中で一番好きな味でした


物価の高いノルウェーでは、食生活も貧しくなりがち。。
色んな方のブログをみていると、やはりみなさん食事には苦労されているようです。
ファストフードを食べたり、簡単なサンドイッチをコンビニで買ってホテルに持ち帰って食べたり(セブン-イレブンがたくさんありました)、持参したお菓子でお腹を膨らませたり…。

ちなみに私たちは今回、ヴォスという小さな町に2泊したのですが、物価の高さもさることながら、それ以上に「小さな田舎町なので周りには本当に何もありません」との事前情報にビビり、お酒(500ml缶ビール2本、赤ワイン1本) 、そして緊急時のためのお菓子をたくさん持って行きました。笑

結果的には、やっぱり持って行ってよかった~の一言。
喉が渇いた、小腹がすいた、といちいちコンビニやお店に入ってられない。旅行者は時間も限られているし、何より同じお金を使うんだったら簡単なスナックや缶ビールにでなく、ちゃんとした食事に使いたい。


そして、実はわたしたち。
初日の夜に宿泊地であるヴォスへ向かう前に夜ご飯を、とベルゲンでレストランを探し歩いたのですが、訪ねるレストランがことごとく満席。
時間が21時半と遅かったにも関わらず、どのレストランも満席で入店を断られるという事態に。
結局この日は、電車の時間も迫ってきたので簡単にホットドック屋台で済ませました。美味しいホットドックでよかった。
観光シーズンの食事は予約必須ですね。

P1070350
レストランを求めて彷徨ったベルゲンの夜。
空模様が北欧っぽいな~

完全にレストラン難民として町をさまよっていたわたしたち。
その道中で気になるレストランを発見しました。

そのレストランは
「Pingvinen(ペンギン)」
可愛いお店のHPはこちら:
http://www.pingvinen.no/

窓から覗いたところ内装もオシャレだし、手元のガイドブックによると「
ノルウェーのおふくろの味が食べられるオススメレストラン(lonely planetより意訳)」ってなってる。
ここは絶対行きたい!ということで、最終日飛行機にのる前のランチタイムにリベンジしてきました!

 続きを読む

ノルウェー旅行~1日目:ノルウェーの物価は本当に高いのか?

ノルウェー旅行記の続きです。これまでのあらすじはこちらからどうぞ。
1)ノルウェー旅行~1日目:空港でかわいい北欧デザインに出会う 



2013年8月24日(土)

お腹ペコペコの私たち。
夫の事前情報によると、物価の高いノルウェーで、比較的安く美味しくて新鮮な魚が食べられるらしい!」フィッシュマーケットにやってきました。(空港から市内に向かうバスに乗ると、マーケットの目の前に降りれます)

P1070164
心配だったお天気も見事な快晴!
トップシーズンのマーケットはすごい人!日本人の方も多いな~

P1070154
マーケットは常設店舗(室内)と、テント(屋外)に広がっていました

P1070157
すごいエビ…肉厚でおいしそう・・

P1070165
新鮮で巨大な魚介がずらり。
ロンドンでは見られないダイナミックさ!

P1070159
パンの上に贅沢な魚介類がどっさり
気になるお値段は90クローネ(≒1450円)
8/28現在の取引レートで計算

20130824_130316
恐いので値段は…見ないことにします…

P1070171
美味しそうだったな~。フィッシュカレー。

P1070167
比較的冷たいものが多く並ぶ中、できたて熱々の香りに惹かれて選んだのはこちら

P1070169
220クローネ≒3540円
えびは肉厚でぷりっぷり、タラも柔らかくて美味しかったです!が、この値段って。。
普段外食の高いロンドンにいるので、まぁ少し高く感じるくらいだろうと高をくくっていたら、見事にやられました。。高い。。

ここで、急遽ノルウェーの物価チェック!!
高い高いって、それ、観光地価格だからじゃないの?
世界遺産の街から1時間半バスで離れた小さな町、ヴォスで市場調査を実施してきました。
(こんなのばっか書いちゃうから、いつも肝心の観光地までたどり着かないんですよね~笑)

題して。
「ノルウェーの物価は本当に高いのか?」
(2013年8月24~26日 Vossの街角調べ)

 
続きを読む

ノルウェー旅行~1日目:空港でかわいい北欧デザインに出会う

2013年8月24日(土)

バンクホリデーを利用して、2泊3日のノルウェー旅行に行ってきました。
初めての北欧…。

ノルウェーってどこだっけ。。
ノルウェーといえば…ノルウェーサーモン?
日本で通ってたスーパーのサーモンはほとんどノルウェー産だったな…。

あろうことか、ピンク色のサーモン切り身しか思い浮かばないわたし。
そんなわたしを引き連れて、初の北欧行きがノルウェーになった理由は夫曰く、「航空券が安かったから」 。
何だかどこかで聞いたような…。 

気になる航空券のお値段は、往復料金なんと約£120/人(約18000円)
早くに予約したからだとはいえ、片道9000円とは安い…。
今までは遠い世界だった北欧が、一気に身近になります♪

しかも今回は、ちゃんとした(失礼!)Norwegian航空。
スペイン旅行の際のRyanairのような不安に襲われることもなく、荷物も機内に預入できるとのこと!


さて。今回の旅のメインは、ノルウェーのフィヨルドです。
ロンドンガトウィック空港よりフィヨルド観光と世界遺産の街並みで有名なベルゲン(Belgen)に入り、電車で1時間半のヴォス(Voss)という小さな町まで足を伸ばします。

地図
ざっくりした位置関係。ノルウェーって縦に長~い
ちなみに首都はオスロです

何故わざわざヴォスに向かうのか…。
実は今回の旅。メインテーマは「フィヨルド」、そしてサブテーマは「アドベンチャー」。
フィヨルドを観光船上から眺めるだけでは飽き足らず、実際にカヤックでフィヨルドを縦断し、そして最後は地上1000mから見下ろすという、フィヨルドを骨の髄まで味わうツアー…それが今回の私たちの旅です。

わたし、高所恐怖症なんだけどな…汗。


続きを読む

初めてできたお友達とビジネス街のオシャレカフェへ

ロンドンで、お友達ができました~♪
習い事も語学学校にも通っていないわたしにとって、誰かと知り合いになるということがまず難しく、それから更に気が合い友達になる、とうのがどれだけ奇跡に近いか…。
これまで自然と友達ができていたことが不思議なくらい、大人になって新しく友達をつくることの難しさを痛感しています。。 
2度の失敗を経て(笑)ようやく出会えたお友達。大事にしていきたいです♪


さて。
先週の昼PUB(初対面)に引き続き、本日やってきたのは平日ビジネスマンで賑わうMonument駅から歩いてすぐのカフェ「The Folly」。
友達がとある方のブログから見つけて教えてくれたのですが、HPのサイトからしてもう可愛い!
ロンドンでは珍しい?ナチュラル系のカフェです。

20130822_142229


ひとりだと平日家に引きこもって、なかなかこういったオシャレなカフェへ出かけることもないしなぁ。
久々に「女子会」という言葉を思い出します。
この単語が頭をよぎるのは、ロンドンに来て初めて!

ビジネス街のためお昼は混むと思い、時間をずらして13時にお店に向かった私たち。
が、甘かった。。
ごった返す店内は満席、次の案内は約40分後とのこと。

一度は諦めかけてお店を出るも、ここは専業主婦の二人には縁遠いビジネス街。。
代わりに向かうお店も、どの辺りに向かえばお店がありそうなのかも検討がつかず…。
結局カフェで時間を潰して40分後に再チャレンジすることに。賢明な判断ですね。
ちなみにこの時、席の予約をしておこうと思ってレセプションの人に言ったら、この時間ランチの予約は取ってないので、40分後に来て、とのこと。
むー、目の前の空席、予約席っぽいんだけどなー。
HPを見ると予約できるみたいなので、行かれる方は事前の予約をオススメします。

そして迎えた40分後。


続きを読む
最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク