connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

2013年6月21日 夏至

日の出:04時43分
日の入:21時21分


驚異的な日照時間が続いています。
もう少し気温が高くなってくれるとベランダの野菜や花たちが喜ぶんですが。。

そんなロンドンも、夏至を迎えました。
日本にいたときは夏至を意識することもなかったのですが、冬が長い(らしい)イギリス。
夏から徐々に冬へ向かう分岐点となる夏至は、嫌でも意識せざるを得ません。
折しもこの日は金曜日。
自宅近くの公園をたまたま通りかかったら、夏を惜しむかのように夏至の夕暮れを楽しむ人であふれていました。

20130621_205358


時刻は21時少し前。
若い人からご年配の方まで、サンドイッチを食べていたり、お酒を飲んでいたり。
この日を惜しむかのように、みなさん思い思いにくつろいでいます。


そしてついにこの時が…

20130621_205643



今年は50年以来の寒い春を越え、夏が来たのか来ていないのかわからないような気候の中を半ば無理やり楽しんできましたが、ついにこれから長い冬がやってきます。
聞いたところによると夏至を迎えたロンドンは、日に日に季節の移り変わりを痛感せざるを得ないスピードで日没が早くなっていくんだとか。。



余談ですが、本日の日の出は曇天のため見れなかったそうです。
かの有名なストーンヘンジには、今年もたくさんの人が集まったんだとか。
ストーンヘンジって、わたし全然知らなかったんですがピラミッドやマチュピチュに並ぶ世界遺産なんですってね。。
せっかくイギリスにいるので、いつかは訪れてみたいものです。

※夫の職場の方いわく、周りには特に何があるわけでもないので(記念館や観光施設含む)、「わざわざそのためだけに」行く感じなのだとか。
ロンドンから車でも行けますが、そこに行くための単なる移動になるので、お酒でも飲みながら賢くバスツアーを利用したほうがいいそうですよ。

参考:Wikipedia
ストーンヘンジ
Stonehenge2007_07_30


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ  



 

疑惑の納豆

今週は少し夏らしいお天気が戻ってきて、いきなり最高気温27度という日も!
お天気がいいと街に軽装の人があふれていて、いかにも夏を満喫!という雰囲気がいいですね~
ちょうどこの日はCovent Gardenへ出かける用事があったので、Leicester Square、Piccadilly Circusまで歩き、夏の陽気を楽しんできました。

夏になると、つるっと冷たいうどんが食べたくなります。
うどんに、納豆、キムチ、生卵、刻みのりをのっけた「納豆キムチうどん」は、食欲のないときでもぺろりと食べられる、私定番の夏メニューなのです。 

そこで今回、以前より気になっていた疑惑の納豆を試して見ることにしました。
ジャパセンで見つけてずっと気になっていたのがこちらの納豆…
 
20130621_103134


4パック入りで£1.69 (単価£0.42≒63円)
疑惑の正体:賞味期限 13.03.14

…初めて見たときは目を疑いました。
既に3ヶ月以上過ぎたものが、堂々と値札を付けられて売られている!
日本では考えられない。。

ちなみにその隣には、賞味期限内の納豆が
3パック入り£2.09 (単価£0.67≒101円)で売ってました。

もともと賞味期限は気にしないタイプなので、牛乳・卵あたりも平気で食べれます。お腹も壊しません。(知人にはさすがに卵はやめるように言われますが)ましてや納豆なんて、元々腐ってるんだし(笑)、日本でも1ヶ月切れくらいは平気で食べてました。
それでもやっぱり1ヶ月経ったものは、表面が少し乾燥してパサパサしていたり、味もやっぱり落ちてる。


なのに3ヶ月切れって…。さすがの私も未知の世界。
でも見た感じ、全く減ってないわけではないし買っている人もいる様子。減り方は断然期限内のほうが激しいけど。
でもこれで味に問題がなければ、今後のイギリスでの食生活を豊かにできるぞ!ということで、夏日を理由に挑戦してみることにしました。


開けてみた。
20130621_103211


あ、普通だ。
糸の引き方も、匂いも、至ってノーマル。

日本で1ヶ月切れのものを食べるときは、まず見た目からして表面が白くぱさついているものの、見た目上も全く問題なし。


食べてみた。(写真は割愛:冷奴に納豆・ねぎで食べました)


…普通!!むしろ美味しい!!!(*゚∀゚)
リピ決定!(クックパッド風)

イギリスにご滞在の際は、ぜひお試しください。


ちなみに、賞味期限内の方の期限見てみたら、2014.3.20になってた。
納豆ってこんなに賞味期限長かったっけ…。
それを見た時、疑惑の納豆がいつ作られたのかを少し考えて…やっぱり考えるのやめました。笑


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ  



 

イギリスで何をするのか、できるのか?を考えてみた

こんにちは。
良く言えばのんびりと、悪く言えばだらだらと?、日々を過ごしています。
何もせずのんびりしていることは性に合っているので、特に危機感だとか、 焦燥感だとか、いわゆるそういった感情とは無縁だったのですが(周りの方によく、普段何やってるの?暇でしょ?大丈夫?と心配されますが、全然大丈夫です。笑)、先日あることがきっかけで、ロンドンでもそろそろ自分の世界を持とうと決めました。

さて、限られたロンドン生活。
どう過ごそうかと、今週は色々情報収集をしているわけですが…

●習い事(いわゆるお稽古ごと?):
無趣味な私には、わざわざ海外でお金をかけて習いたい!というものが見当たらず…


●ボランティア:
ボランティア活動をされている方のブログで情報収集。
ボランティアと言えども介護・医療系など専門的なものになると、高度な英語力は必須。
英語力不問の農作業系は、地方・住み込みが多し。(ワーホリみたいな感じ)

となると、やはりゴミ拾いなど環境保護活動系、日本語での絵本読み聞かせ、ちょっとチャレンジすると英語での絵本読み聞かせ、辺りが現実的で関心どころ。


●パート・アルバイト:
教えていただいたMix B(イギリス生活総合情報サイトhttp://www.mixb.net/)で短期~長期の情報多数発見。
定番の日本食レストランから、たこ焼き屋台という変わり種まで。
以前から興味があったのでいくと、日本語教師アシスタント、そしてすぐにでもできそうなのでいくと、在英日本人の子供向け塾講師(場所が遠くて断念しましたが…)


 ●フルタイムお仕事:
こちらで就職をされた奥様より、エージェントサイトを紹介してもらう。
※今回主人の転勤に伴う渡英なので、ビザの関係で私自身はお仕事ができないと思っていました。が、なんとできることが判明。会社的にもOKだそうでびっくり。
JAC Recruitment(http://www.jac-recruitment.co.uk/jp/
Centre people(http://www.centrepeople.com/japanese/jobs/index.php

ちょっとのぞいてみるも、やはり語学力のハードルは高い。。
こういう時少しでも技術系専門スキルがあったら、世界でも通用するんだなーと痛感。
総合職で日本で頑張ってても、世界の壁は高い!


色々と情報収集を重ねて、なんとなく色んな現実が見えてきたところで、やはり何はともあれ語学力が伴わないと、何をするにも楽しめないんだな!と悟り、まずは語学学校から始めてみることに決めました。
(普通みなさんすぐにそこにたどり着くんでしょうけど、わたしは何事も自分で調べて納得しないと動けないタイプなので笑)


不本意ながらお金を貯める方ではなく、使う方になりますが、これも致し方ない。
早速今日は意を決して、いくつかピックアップした学校へ電話。
本当は本日アポ無しで自宅近くの語学学校を訪問、その場で見学・トライアルレッスンくらいは受けさせてもらえるかもしれない、と思っていたのですが、電話してみて正解でした。

電話してみてわかったこと
1)全ての学校がトライアルレッスンをやっているわけではない
2)トライアルレッスンを実施している月・曜日が決まっている学校もある
3)語学力テスト・トライアルレッスンを同日に行えない学校もある(ので、事前にスケジューリングが必要)

と、わざわざ箇条書きにする必要のないような、考えてみれば当たり前のことですが、(ので、さすがに赤字にした後戻しました)全部予想していませんでした。
行き当たりばったりの人生送ってます。


いくつか電話してみて、日本にいた時に知ったカランメソッド手法(イギリス生まれのスパルタ療法)を取り入れている学校と、ネットで気になっていた本命の学校の2校を予約しました。
語学学校にこれから通おうという者にとっては、その予約の電話がまず第一の試練だったりするのですが…、なんとかクリア。

どきどきのトライアル体験は、また後日UPします♪


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ  



 

アメリカとイギリス、英語のハードルが高いのは?

先日、夫の上司宅にお呼ばれし夜ご飯をおご馳走になって来ました。
もずく酢、つくね、枝豆、手巻き寿司、なめこのお味噌汁…全てが懐かしい味で美味しかったです。
なめこは常々こっちでも探すのですが、スーパーでは未だ見つけられず。
入手の方法を聞き忘れたので、今後も地味に探し続けようと思います。

そこでの会話で「なるほどなー。」と思ったこと。
それは、

英語が苦手な人にとって、アメリカ・イギリス、
どちらの国での生活が語学ハードルが高いか?


どう思われますか?
かくいう私も、今はこうしてイギリスせの生活を始めましたが、帰国子女でもなければ長期留学経験もなし。
全く話せない、というわけではないですが、英語力は日常会話レベル。
当然、夫のイギリス赴任が決まったときは、まず頭によぎったのが自分の英語力への不安でした。

日本はアメリカ英語で教育を受けてますよね。
ドラマも映画も音楽も、身の回りにあふれている英語はほとんど(と言っていいほど)アメリカ英語。

・イギリスに行ったことはないけど、どうやら発音や使う単語そのものがアメリカ英語とは違うらしい。(これは事実)
 米:Take out  英:Take away
 米:apartment  英:flat などなど…

・イギリスって「英語」っていうだけあって、英語に誇りとかプライドがありそう…(イメージ)
・友達が旅行でイギリス行ったら最初全然聞き取れなかったて言ってた…(噂話)

…というイメージや偏見もあいまって、私はイギリスで生活していけるのかとーっても不安でした。
同じ英語圏でも、イギリスに比べるとなんとなく慣れ親しんできたアメリカのほうが心理的ハードルが低い気がしていました。


ですが!
夫の上司の話によると、実際は逆なのだそうです。
アメリカでの職務経験ももつこの方によると、

イギリスは移民が多く、第1言語が英語でない人で溢れている。
ので、英語が流暢に話せなくても普通。
逆にアメリカのほうが、いわゆる「正しい」英語を話す人で溢れているので、そちらのほうがハードルが高いかも。

とのこと。
なるほどなぁー、と納得・感心してしまいました。

確かにここイギリスで街中を歩くと、アラブ系・インド系・中東系・アジア系…本当に色んな地域の人を見かけます。
聞こえてくる言葉も、本当に様々!
一見イギリス人なのかな?と思いきや、話している言葉はスペイン語だったり・・。


なので、何が言いたいのかというと
英語が苦手な人でも、生活してみれば意外と大丈夫!
ということ。

わたしも英語に関しては不安だらけでやってきましたが、意外と通じるし、聞ける。
完璧に綺麗な英語を話す必要は、全然ないんだということに気づき、英語を話すことへのプレッシャーがなくなりました。
(そのせいで、渡英前に続けていた英会話をサボっているのは問題なのですが。。)

これからイギリスへいらっしゃる方へ、私のようにあまり気負いすぎないことをオススメします☆


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ  



 

サングラスはファッションアイテムではありません

今週はずっと天気が悪く、風が強いため本当に寒い。。
ベランダに植えたガーベラ2苗も、強風にやられてぽっきり折れてしまいました。涙

向かいの部屋に住んでいる大家さんと二人でスーパーに買い物に行くのですが、(車がないため大家さんの週二一度の買い出しの日に一緒に乗せて行ってもらう)
大家さんもこんなに寒い夏は珍しい、信じられない、とぼやきっぱなし。
そんな大家さんに言わせると、今年はどうも50年ぶりのの冷夏なんだとか。。

そんなロンドンは来週夏至を迎える様子。
ということは、来週が夏のピーク。。まだトレンチコート無しで出かけたこともないのに。
それからはびっくりするくらいのペースで日没が早くなり、とうとう長い冬に向かって着実に季節は移っていくようです。

突然ですが。
季節の移り変わり、といえばセール
色んなところでセールが始まってますが本日は、HarrodsとSelfridgesへお買い物へ行って来ました。

こちらのセールはすごい!と聞きますが、何がすごいって、今日わかりました。

日本では大概セール中でも、必ずセール対象外の新作洋服があって(毎回セール中の洋服よりもこちらが気に入ってしまい、正規料金で買ってしまう)、もちろん季節関係ないバックやアクセサリーはセール除外品で、靴も次のシーズンの新作が除外品で隣に並べてあって・・(もちろんこっちを買ってしまう。笑)

セールに行ったのに結局セール品は一切買わず、ということも多分にあるので、私自身はセール情報に疎い方。ブランド大好き!でもないし。

でも今日まずHarrodsに行ったところ、すごい、すごい。
香水(日本的にはセール対象外)が、天井まで山のように積んであって、とりあえず全部半額。笑
あの光景はすごい。思わず写真に収めたくなったほど。
そしてバックや、紳士用革靴なんかも、季節関係なく、ぜーんぶセール!
もちろん、新作もおいてあってそれはさすがに割引になっていませんが、それでも日本では考えられない売りっぷり!

大丈夫なのだろうか…。
こんなに季節の品関係なくセールにしてたら、普通にこれからのシーズンに使いたいものは普段買わずに、セール期間中に買うよな・・
採算取れるのかな…といらん心配をしてしまいました。

 そして今日セール品(30%OFF)でゲットしたのはサングラス!

20130615_215417


私自身はブランドに疎く、全くこだわりもないのですが、耳にかける部分がジュエリーっぽくて珍しいのが気に入っています♪

サングラス…わたしは絶対しないと思っていました。
海外生活者が揃いも揃ってサングラスをかけてたりするのを見て、ちょっとセレブ気取りというか(実際そういう人もいるんでしょうけど笑)、かっこつけてるというか…

サングラス=ファッションアイテム

だと思っていたんです。

でも、違う。サングラスはファッションの一部ではなく、生活必需品
特にここロンドンにおいては…!

こっちに来て、ずっと目の疲れが気になっていたのですが、それがどうも単なる疲れではないような気がしてきたのは数日前。
わたしは毎日ソフトコンタクトレンズをつけているのですが、どうも陽射しの強いこちらではそれが目により強いダメージを与えているとのことなんです。
雪山でコンタクトレンズしてる人は、雪目になりやすいのと一緒ですかね?

それに加えて、この乾燥と強風。。
昨日ふと陽射しの中に目をやったら、チリがものすっっっごい飛んでる…!
花粉なのか、チリなのか、ほこりなのか、とにかく細かい白いのがぶわぁぁっと…!
特に昨日のように強風の日は、常にゴミが目に入ってきて痛くて目を開けていられないほど。

昨日気づきました。
サングラスって、生活必需品なんだ。。

なので、外国でサングラスをかけている人を見ても、いきがってるとかどうか思わないでください。。
切実なんです。笑


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ  



 

最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク